University of Tsukuba American football club

東京ドーム0.005個

テーマ:部員コラム

EXCALIBURSのおしゃれ担当のあきみくんからバトンを承りました、数か月にわたる自粛で完全に顔の輪郭がなくなってしまっている3年DL#96の小野廉大郎です。

さて、お題はアメフト部の魅力ということで、今回僕は一風変わった目線で魅力を語ってみたいと思います。

僕の思うアメフト部の魅力は部室の広さです。本来なら4月にあった新歓で新入生にはその広さを実感してもらえるのですが、それが今年は叶わなかったので皆さんがその広さをイメージしやすいように身近なものに例えてみたいと思います。東京ドーム0.005個分の大きさ、東京ディズニーリゾート0.0001個分の大きさです。いやぁ広いですね~。え?全然イメージ湧かない?仕方ないのでもっと分かりやすく説明すると、一般的な教室の1.5倍、アパートの1Kの部屋の5倍くらいです。こんだけ広くてベッドやソファー、ひいては自販機にシャワーまですぐそばにあるので一日の半分以上を部室で過ごす人たちも存在します。家の光熱費の支払いをサボったために止められてしまった部員なんかは、寝る時間以外は全て部室で過ごしてたらしいです。行けば大体誰かいるので空きコマなどにふらっと立ち寄っては雑談にふけるなんてことはよくあります。土日の練習後なんかは麻雀アプリやらFPSゲームなんかでいつまでもたむろっている部員ばかりです。部活の時間以外でも仲間と交流できる場と機会があることはうちの部の強みなんじゃないかなーって思います。

ということで、僕の思うアメフト部の魅力でした。次は、EXCALIBURSの誇る狂人である可児(かに)君にバトンを渡したいと思います~