University of Tsukuba Rugby Team

vs法政大学 レビュー

4月28日(日)、筑波大学ラグビー場で関東大学春季大会、法政大学戦が行われました。この試合は、杉山組が15人制として臨む初めての試合となりました。

試合は序盤、筑波大学、法政大学双方にミスが続き、スコアが動かない展開でしたが、前半21分からの10分間にWTB山本悠翔3年・刀根山)の2つトライとWTB松岡祐斗(4年・明和)のトライで19-0と筑波大学が先行。しかしその後、法政大学に2つのトライを返され、19-12での折り返しとなりました。
後半は、5分に山本がトライを取り、ハットトリックを達成。その後、山本、FL弘津陽介(4年・神戸)、SH今井快(3年・明大中野)がゴールラインを超えるも、法政大学に4本のトライを返され、後半のトライ数は4-4の同数に。最終的に47-36で筑波大学の勝利となりましたが、課題の多く残る試合となりました。たくさんの応援ありがとうございました。

杉山優平(主将・4年・大阪桐蔭)のコメント

今シーズン初めての試合ということで、まだまだ課題はありましたが、今年の筑波が目指しているラグビーの片鱗をアタック、ディフェンス共に見せることができたと思います。
試合を重ねるごとにその片鱗を完成形に近づけていけるように、練習で修正していきたいです。

【コーチが選んだMOM】

本日のMOMは、深山竣介(2年・長崎南山)です。
豊富な運動量で常にボールの近くでプレーし、アタック、ディフェンスともに高いワークレートでチームの勝利に貢献した深山。初めてのAチームでの試合でフル出場を果たし、味方がゲインした時のサポート、相手にゲインされた時の戻りの速さが光った選手です。
<選出;堀込紀行(FW学生コーチ)>

【次戦予定】
    5月4日(土) 『茗渓ラグビー祭』
    vs 医学ラグビー部              11:50 Kick off
    vs OB&ツクバリアンズ     12:30 Kick off
    vs清水建設ブルーシャークス  13:30 Kick off
    場所:筑波大学ラグビー場

1年生も含め、全グレードで試合が予定されています。
是非グラウンドにお越しいただき応援の程、よろしくお願いいたします。

今後とも筑波大学ラグビー部へのご声援よろしくお願いします。

TOP