University of Tsukuba Rugby Team

vs防衛大学校 レビュー

先週末629日(土)、防衛大学校グラウンドにて46回目となる防衛大学校との定期戦が行われました。

 

vs防衛大学校 70-14(トライ数;10-2) Win

 試合総評・MOM選出;永田駿(FW学生コーチ)

この試合は、筑波大学の春シーズンの最終戦となる試合となりました。

12年生を主体とした若いメンバーで臨んだ試合でしたが、この春、練習してきた接点を大切にするという筑波大学のラグビーを形として表すことが出来ました。また、セットプレーでも終始優位に立ち、空いたスペースにボールを運ぶことが出来たことが、多くのトライに繋がりました。しかし、ラスト15分に筑波大学の足が止まってしまい、接点を受けてしまったことが今後の課題となりました。

 

<FB小杉怜(ゲームキャプテン・理工3年・日比谷)のコメント>

今回の試合では、味方が抜けた後のサポートの競争に勝ち、FWBKが一体となってボールを繋ぎ、トライを重ねることができましたが、イージーなミスや、タックルで受けに回り失点する場面もありました。

良い部分と悪い部分が明確になったので、一人一人が自分にフォーカスし、下のチームから小さな「CHANGE」を積み重ねていきたいと思います。

 

<コーチが選ぶMOM

この試合のMOMは、No.8楢本鼓太郎(人文1年・修猷館)です。

試合序盤から、ディフェンスでは相手の懐に入り込む鋭いタックルを繰り出し、アタックでは相手を弾き、何度も大きなゲインを見せた楢本。筑波大学のラグビーを体現するプレーヤーとして、今後も活躍が期待される選手です。

楢本からの一言>

春シーズン培ってきた、激しい接点と運動量を試合の中で出すことが出来ました。しかし、課題も見つかったため、夏の強化練で改善していきたいと思います。

 

試合後のアフターマッチファンクションでは、定期戦に勝利した筑波大学・小杉ゲームキャプテンに防衛大学校の武内誠一OB会長から定期戦カップが授与されました。

 

 

今回の試合で筑波大学の春シーズンの全日程が終了しました。

夏の強化練、練習試合等を経て、8月末から始まる関東大学対抗戦で良い結果を残せるよう、部員一同スローガンの「CHANGE」のもと、練習に励んでいきます。

今後とも筑波大学ラグビー部へのご声援よろしくお願いします。

RSS
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us