University of Tsukuba Rugby Team

第1回スタッフ紹介

日頃より筑波大学ラグビー部へのご声援誠にありがとうございます
このコーナーでは、3年一口隼人が筑波大学ラグビー部を支えるスタッフ陣の紹介を行なっていきます
スタッフは大きく「コーチング」「テクニカル」「フィジカル」「メディカル」に分かれており、今回はコーチングスタッフのFWコーチ3名を紹介します。

永田駿(写真右から2番目)
出身地、高校、大学
→三重県、津高校(三重県)、筑波大学(現役時のポジションはPR)
 
専攻分野
→筑波大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻
 
選手、スタッフからの紹介
→“駿(しゅん)さん”は主にスクラム担当としてサポートをしてくれています。大学でWTBからPRに転向した自身の経験から探究心が高く研究熱心で、トップリーグのチームに足を運び、技術やヒントを持ち帰り指導してくれます。また、ウエイトが大好きで、自慢の上腕二頭筋を見せてきて「お前らまだまだやな!」と煽ってくるのでとてもやる気になります。さらに、現在行われている学内イベントでは、駿さんが主体となり、飲食の準備から解説や得点予想などのイベントを企画し盛り上げています。
 
指導方針、テーマ
→いかに選手に具体的に考えさせれるか、その考えをアウトプットさせれるか、指摘から選手本人に解決方法を考えさせるためにもっとも良いアプローチをする。
 
選手への期待
→自分の強みを把握し、だれにも負けない強い意志をもつこと。
 
将来展望
→来年からは三重県で教員をします。その学校の生徒にラグビーを教えるだけでなく、地元三重県のラグビー界を盛り上げていければと思います。
 
伝えたいこと
→ 自分も成長し続けることで、選手にいい影響を与え、チームに貢献したい。
 
杢屋渓造(写真中央)
出身地、高校、大学
→静岡県、茗溪学園(茨城県)、筑波大学(現役時のポジションはLO)
 
専攻分野
→筑波大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻
 
選手、スタッフからの紹介
→杢屋さんは、ゴメスさんと一緒にラインアウトを中心としたFWプレーを担当しています。ゴメスさんがラインアウトの全体を指導する一方で、杢屋さんは個人個人に細かいアドバイスをしてくださり、自分では気付けなかった視点やヒントを与えていただけるのでとてもありがたいです。また、とても優しい先輩で選手に寄り添い、相談事に真摯に向き合ってくれます。選手時代は常に100%のプレーをし、出場した試合ではほぼ100%怪我をしたという噂もあります。
 
指導方針、テーマ
→スキルの細かい所を徹底する、相手に負けないという気持ちを選手にもってもらうよう働きかける。
 
選手への期待
→高い目標と熱い気持ちをもつこと。
 
将来展望
→日本一を目指すチームで自分が貢献できることはなにか確かめ、教えることの難しさ、挑戦などの経験を今後の自分の人生につなげていきたい。
 
伝えたいこと
→選手とともに全力で日本一を目指します。
 

堀込紀行(写真左から2番目)
出身地、高校、大学
→埼玉県、函館ラサール高校(北海道)、筑波大学(現役時のポジションはLO)
 
専攻分野
→筑波大学院 数理物質科学研究科 数学専攻
 
選手、スタッフからの紹介
→“ゴメスさん(堀込コーチの愛称)”は主にラインアウトを担当してくれています。データに基づいて相手を分析・対策することから、まさに数学専攻の理系タイプ・インテリコーチです。どのレベルのチームを教えるときも、基本プレーの徹底を妥協することなく求め、熱く指導してくださるので頑張ろうという気持ちが湧きます。でも見た目と立ち振る舞いはクールです。また、とてもしゃべりやすいのでどんなことでも相談できる兄貴のような存在です。
 
指導方針、テーマ
→1つ1つの練習にテーマをもつ、基本的なプレーを大切に、自分の経験を活かして選手に伝える。
 
選手への期待
→目標を定め、達成のためにするべきことを明確にして毎日を過ごしてほしい。
 
将来展望
→プレーヤー、指導者の両方の目線から培ったラグビーを新しい環境でも活かしたい。大学だけでなく、高校生など違うカテゴリーも教えてみたいと思う。
 
伝えたいこと
→チームが日本一に輝けるように、学生コーチとしてできることを全うします。

 

次回は、FWコーチ2人とBKコーチ2人を紹介します。お楽しみに!
RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me