University of Tsukuba Rugby Team

新入生紹介 中部・北海道編

テーマ:新入生紹介

4回目を迎えました今年度の新入生紹介。

今回は中部・北海道編となります。

それでは早速紹介していきたいと思います。

 

内田康介(うちだこうすけ)

旭野高校(愛知)

所属:体育専門学群

176㎝ 104kg

ポジション:PR

<同校出身の横木(写真左・体育4年)、岡田(写真右・体育3年)と共に、旭野高校伝統の「旭野体操」を行う内田(写真中央)>

 

好きな料理:回鍋肉

4月に入学してから、一人暮らしをしてきた半年間で、自分で作った料理の中で「回鍋肉」が最も美味しかったため、好きになったようです。自炊をするうちに好きになったというのは、寮がなく、一人暮らしをする学生が多い筑波大ラグビー部ならではですね。

 

好きなアーティスト:Eminem(エミネム)

いじめられていたという壮絶な幼少期を乗り越え、音楽界を駆け上がっていく姿がかっこいいと思い、小学5年生の頃から大ファンなようです。好きな曲は「Sing For The Moment」だそうです。

 

好きな色:ピンク

一見ピンクというとかわいい印象を受けますが、彼曰く、「かっこかわいい」ところがポイントなんだとか。身の回りのものにもピンクのものが多いようで、ラグビーで履くスパイクの紐もわざわざピンクに変えているほどです。試合中は、ピンクの靴紐が彼を探す目印になるかもしれません。

 

普段はどんな人??

内田の印象について同期に聞いてみたところ、皆が口を揃えて「優しいやつ」だと言っていました。優しさ滲み出る彼の顔を見れば、それにも頷けます。同期の平石からの情報によると、彼は自らのアパートに同期を招いて、夕飯を振舞っているようです。中でも、内田特製のソースをつけて食べる鶏の唐揚げが大好評なんだとか。果たしてこれが、純粋に彼の優しさからくることなのか、同期が彼の優しさに付け込んでいるのかは気になるところですが、学年一の「優男」は彼だと言えるでしょう。

 

最後に今年の意気込みは「力強いセットプレーで、チームを引っ張っていきます。」です。

低さを活かしたスクラムで相手を圧倒し、筑波のセットプレーを牽引する存在へと成長していって欲しいと思います!

 

 

田中希門(たなかまさと)

中部大学春日丘高校(愛知)

所属:体育専門学群

182㎝ 102㎏

ポジション:PR

<同校出身の鈴村(写真中央、体育3年)、肥田(写真右、体育2年)と春日丘の”H”を表現する田中(写真左)>

 

好きな先輩:淳史先輩、肥田先輩

同じ中部大学春日丘高校出身の鈴村淳史と肥田晃季には、高校時代からかわいがってもらっていたようです。しかし、入学から半年が経とうとしていますが、未だに「春日会」が開催されていないので、早く連れて行って欲しいそうです。(先輩!連れて行ってあげてください!)

 

好きな言葉:「休養もトレーニングの一環である」

誰か有名な人の言葉ではありませんが、『無茶をしない』をモットーとしている田中は、休養を何より大切にしているんだとか。オフの日は、一日の大半を家のベットの上でゴロゴロしながら過ごし、身体を休めているようです。休養たっぷりでエネルギーをチャージした田中のプレーに注目です。

 

好きなこと:マンガを読むこと

前述の通り、オフの日の大半をベットの上で過ごす田中にとっては、マンガは欠かせないアイテムのようです。最近は、『アンダーニンジャ』というマンガが彼の中で流行っているようで、電子書籍で買って読むほどなんだとか。皆さんにも是非読んでもらいたいそうです。

 

普段はどんな人?

同期の谷山の情報によると、田中は怖いもの知らずな性格なようです。現在、大学の学生宿舎に住んでいる谷山の部屋の前にゴキブリが出たときには、田中を呼んだら、ビビりもせずに退治してくれたんだとか。また、まだ1年生が練習参加して間もない頃、リハビリ組だった田中は、一緒にランニングを行っていた石川千暁コーチに対して「ちょっとペース早くないすか?」と物申したというエピソードも。先輩にも物怖じしない性格には、早くも大物感が漂っています。

 

最後に今年の意気込みは「ケガをしないように頑張ります!」です。

大きな身体と誰にも物怖じしない性格を活かして、グラウンドで暴れ回ってほしいと思います!

 

黒澤稔生(くろさわとしき)

飯田高校(長野)

所属:体育専門学群

172㎝ 75㎏

ポジション:CTB/WTB

<同じ北信越地方出身の竹田(右下・理工4年・砺波)、金谷(左下・体育3年・砺波)、加納(左上・体育3年・新発田)と雪だるまポーズをする黒澤(右上)>

 

好きなマンガ:『ONE PIECE』

伏線がいくつも貼られているところがとても面白いとのこと。最近は物語の終盤に差し掛かり、今までの伏線を一気に回収し始めているので、とてもアツいようです。筑波大学のラグビー部には『ONE PIECE』好きの先輩も数多くいます。先輩たちは是非黒澤に話しかけてみてください!

 

好きな場所:海

海がない長野県出身の黒沢は、その反動からか海を見るととても興奮して、はしゃいでしまうんだとか。先日、オフの日に同期と一緒に海に行ったのが、この夏の楽しかった思い出のようです。

 

好きなTV番組:水曜日のダウンタウン

常に放送できるかできないかギリギリの企画を行っているところが好きな理由のようです。最近の説で最も好きなのは「松本人志 スペインの新人プロレスラーになってもばれない説」だそうで、オンエア当初は腹を抱えて笑ったそうです。

 

普段はどんな人?

同期に黒澤の印象について聞いてみたところ、彼は常に一歩引いて周りを見ているようで、ふざけ合う同期を横目にいつも笑ってるそうです。本人は「周りが良く見えてる」と自己分析していましたが、その真意は定かではありません(笑)また、彼は典型的な「人見知り」だそうで、仲良くなるまでは中々心を開いてくれませんでしたが、今では同期をいじるまでに仲良くなったそうです。未だ先輩にとっては未知数の黒澤。先輩は是非黒澤に積極的に話しかけ、心を開いてあげてください!

 

最後に今年の意気込みは「少しでも成長できるよう頑張ります」です。

人見知りで引っ込み思案な彼ですが、持ち前の身体能力を活かしてグラウンドを走り回り、筑波に勢いをもたらす選手になってほしいと思います!

 

 

小関慶樹(こせきよしのぶ)

函館ラ・サール高校(北海道)

所属:理工学群 応用理工学類

175㎝ 88㎏

ポジション:FL/HO

<青森県出身の松宮(写真下・体育2年)と共に青森県と北海道の地形を表現する小関(写真上)>

 

好きなラグビー選手:マイケル・フーパー(AUS)

マイケル・フーパーの運動量豊富で激しいプレーが好きなようです。先輩の蓬来直樹(人間4年・成蹊)によると、小関自身も愚直にタックルを繰り返す仕事人タイプとのこと。マイケル・フーパーのようなタックラーになってほしいと思います!

 

好きな食べ物:キムチ

大学に入学して一人暮らしを始めてから、自炊をするときはほぼ毎日食べるほど好きなんだとか。ご飯のお供ランキングでは断トツ一位で、常に家の冷蔵庫に常備しているそうです。

 

好きな季節:夏

大学に入学するまで北海道で暮らしていた小関は、雨が少なく、そこまで暑くない北海道の夏が好きだったようです。そのため、雨が多く、じめじめした関東の夏には適応するのが難しかったようです。

 

普段はどんな人?

小関の印象について同期に聞いてみたところ、何でも許してくれる仏のような性格だという声が多く上がりました。現在、小関が住む筑波大学の学生宿舎は、「ノルウェーの刑務所の方がマシ」と時折話題になるくらい狭いことで有名ですが、その狭い部屋に同期が何人押しかけても、小関は決して拒まず受け入れてくれるんだとか。私自身も1年生の頃は学生宿舎に住んでおり、その狭さを知っているだけに、小関の寛容な心に驚かされました。

 

最後に今年の意気込みは「毎日の練習をやりきって、早く試合に出られるように頑張ります。」です。豊富な運動量と鋭いタックルでチームのピンチを救う彼のプレーに注目です!

 

 

次回は最終回、関東編となります。

お楽しみに!

編集:髙田風吾(体育3年・桐蔭学園)

RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me