University of Tsukuba Rugby Team

2021 マネージャー紹介

テーマ:お知らせ, 新入生紹介

現在、ラグビー部には新4年生1人(社会工学類)、新3年生1人(生物資源学類)の計2名が在籍しています。筑波大学ラグビー部はマネージャーの入部を心待ちにしております。

 

 弊部のマネージャーが行う業務は、皆さんが想像するお世話係としてのマネージャーとは異なるかもしれません。ここでマネージャーの業務を少し紹介します。

 

マネージャーの仕事

・他団体、大学、協会との渉外

  他団体とのグラウンド使用の交渉や、筑波大学体育会に所属し続けるための大学の会議等への出席、大学・協会へ提出する書類の作成、試合時のスタジアム場内のアナウンスの協力などを行っています。

・練習のサポート

  練習中に選手が飲む水の管理や応急手当など、選手の練習の手助けを行っています。

OBOGの方々、保護者の方々、ファンの方々への対応

  多くの観客の方が見に来て下さる試合の際には受付を設営し、メンバー表の作成や配布、グッズの考案と販売、チケットの販売などをしています。

 

このようにマネージャーの業務は多岐に渡ります。日本一を目指す選手たちが練習や試合に集中できる環境を作るため、私たちは日々何が選手のためになるかを考えながら活動しています。

マネージャーはファンの方に一番近い立ち位置におり、監督やコーチ、選手とはまた違った少し俯瞰した目線から物事を見ることが可能です。マネージャーの仕事は表には出ないものが多いですが、選手にファンの方の声を伝えながら、応援してくださる方にどのように感謝を伝えることができるかを考え形に出来ることがとてもやりがいとなっています。また行動にしたことによって色々な方から「ありがとう」を頂けることはとても励みになっています。

 皆さんの中では、スポーツ経験がないから、ラグビーをよく知らないから、マネージャー経験がないから、などを理由にラグビー部に入ることをためらっている人もいるかもしれません。私自身中高時代は全くラグビーを含むスポーツに縁がなく、マネージャーでもありませんでした。しかしこのラグビー部に入り、マネージャーの先輩方に仕事を教えていただき、また試合などを通してラグビーの知識を身につけていきました。ぜひ初心者の方も臆せず、興味がある方は一度練習を見に来てください!(新4年マネージャー:朝倉希美)

 

選手から見たマネージャーとは

 

マネージャーの仕事のうち、水やドリンク、プロテインの管理、選手の怪我への対応は練習中に選手と直接関わるため、多くの選手が身近に感じていると思います。しかし、マネージャーの仕事はそれだけではなく、グラウンドの使用申請や他団体、大学、協会、OBとの渉外など、選手の見えないところでチームを支えています。マネージャーのおかげで、選手は毎日の練習や試合に専念することができています。マネージャーはチームに欠かせない存在だと思います。(マネジメント:金谷洸晟)

RSS
Twitter
Visit Us
Follow Me