TSAからのお知らせ

【10/29開幕☆世界体操】 深沢こころ 初代表で世界へ舞う!

掲載

 

10月29日~11月6日にイギリス・リバプールで開催される「第51回世界体操競技選手権大会」へ、体操競技部の深沢こころさん(体育3)が出場します。
 
深沢選手は、今年6月に開催された全日本体操種目別選手権にて、段違い平行棒で初優勝し、見事、世界体操の女子日本代表に選ばれました。女子日本代表は5人で、NHK杯(5月)の上位3人が代表に内定し、残り2枠が全日本種目別選手権の結果を踏まえて選出されました。初の日本代表入りとなった深沢選手にお話しを伺いました。

*世界体操とは
第51回大会は団体、個人総合、種目別で競われる。団体の上位3か国が2024年パリ五輪の団体出場権を獲得できる。日本女子は、団体でメダルを獲得すると、1966年(第16回大会)の銅メダル以来、56年ぶりの快挙となる。

※この記事は、つくばスポーツニュースフラッシュvol.90(2022年9月発行)へ掲載したものです。

深沢 こころ  (体育専門学群3年)

―日本代表に選出されたお気持ちは?

世界選手権日本代表に選出され、とても嬉しく思っています。日々自分の演技を振り返り、課題に向けた練習を大切にしてきたことが、今回の結果に結びついたのだと感じています。同時に、日本代表になれたのは、親や先生方が支えてくださったお陰であり、支え合えるチームメイトの存在があったからだと感謝しています。 

―「私の演技のここを見て!」というポイントを教えてください

私は「段違い平行棒」が得意です。長身を生かした伸びのある演技が私の武器で、演技冒頭は離れ技が続くなど、難易度が高い演技構成になっています。ダイナミックな演技にご注目ください。

―世界体操へ向けた抱負

世界選手権では、自分のもてる力を十分に出し切り、見ている人を魅了できるような演技ができればと思っています。
また、私は女子代表の最年長であるので、チームの良い雰囲気づくりに努め、チームジャパン一丸となって最高の演技ができるよう頑張ります。応援、どうぞよろしくお願いします。

* * *

<大会概要>
第51回世界体操競技選手権大会
■日程:2022/10/29~11/6
■開催地:イギリス・リバプール
■競技日程(現地時間):
 10/30 女子予選(日本:7班)
 11/1 女子団体決勝
 11/3 女子個人総合決勝
 11/5-6 男女種目別決勝

■テレビ放送: テレビ朝日(地上波、CS)にて放送予定
詳細は【テレビ朝日特設・世界体操ページ】をご覧ください。