筑波大学オープンキャンパス

筑波大学オープンキャンパス

筑波には未来がある

部紹介Introduction

スローガン男子:LINK~勝ったときに全員で喜べるチーム~/女子:SPIRIT

部員数
21~40人
所属学群
体育専門学群, 人間学群, 生命環境学群, 理工学群, 医学群, 大学院
練習場所
第一体育館
主な成績
  • 関東大学リーグ男女1部在籍
  • 2022年度日本ランキングサーキット大会 男子ダブルス:藤澤/永渕 第5位
  • 2021年全日本学生バドミントン選手権大会:女子団体優勝(6連覇)

メンバーインタビューMember interview

  • 香山未帆(体育4年/女子主将)
  • 密林祐太(体育2年)

― 私が目指す「バドミントン」

香山
チームとしては、科学的根拠に基づいたトレーニングを通して、フィジカルをしっかり鍛えて、プレーするのが、筑波のバドミントンかなと思います。
密林
競技だけでなく、バドミントンを通じた国際交流など、競技力だけじゃなくて、バドミントンを通して学びを得ることも大切にしています。
筑波大学バドミントン部

― 筑波大学をどう思っていた?

香山
筑波大学は、大学の中で一番トレーニングをやっている大学。トレーニングがきついのが、筑波大学の印象です。
また、これまで女子はインカレで5連覇していて、チャンピオンチームということもあり、入学前から一人一人が、立ち振る舞いや試合での態度、中高生への接し方など、「自律しているチーム」だという印象を持っていました。そして、その先輩方の姿を目指して、今も頑張っています。
密林
将来、高校の保健体育の教員になりたい、そして日本で体育やスポーツを学ぶなら筑波、さらに、どうせ学ぶなら高いレベルで学びたいと思い、筑波を選びました。どちらかというと、部活よりも、勉強面で、高いレベルの学びを受けたいと思って筑波大学を選びました。

― 今のチームで学んだこと、チームの好きなところ

香山
責任感、達成に向けて持つ覚悟を学びました。
1年生の時は、高校生気分が抜けなくて、それでも1人の人として見られる。1年生だから意見しないのではなく、学年関係なく責任感を持つ、団体優勝に向けて覚悟を持たなくてはいけなかった。学年は関係なく、人として対等にみられる、そういった点をチームでは求められたので、責任感や覚悟について学びました。
上下関係がないところ、1年生だから、はなくて、1年生だけど対等。先輩に対しても意見できるのはいいところで、好きなところです。

そして、バドミントン部のいいところは、いろんなレベルの選手がいるところです。他の大学では、これだけ高いレベルのチームには、競技レベルの制限がある場合が多い。筑波のバドミントン部は、一般入学でも、体育専門学群ではない人も入部できますし、それがいい方向に働いているチームでもあります。
密林
日本一を目指すチームで活動する中で、本当に活躍できる人は、一つのことにひたむきに取り組める人だと感じました。全国トップクラスの人と活動できる環境は刺激的で、そこがいいなと思っています。
筑波大学バドミントン部

― これからの目標(直近の目標、人生の目標)

香山
チームとしてはインカレアベック優勝を目指しています。
長期的には、「バドミントンに感謝される組織、存在でいたい」という目標もあります。筑波大学バドミントン部のおかげで、バドミントンの認知度が上がったり、いいスポーツだと知ってもらう、そんな存在になることを、チームとして目指しています。
個人的には、卒業後も選手として「あの子は筑波のバドミントン部出身」だと、いい意味で捉えてもらえるような選手になりたいです。高卒で選手になる人も多い中で、大学に行って4年間学んだからこそ、この選手いいよね、今のあなたがあるよねって言ってもらえるようになりたいです。
密林
大学にいる間に、4年になった時に、チームの支えになれるような存在になりたいです。今、2年生の男子が2人しかいない。自分たちが4年生になった時に不安な面もあるが、それでも支えられるような存在になりたいです。
将来は高校の保健体育科の教員になりたいと思っています。そこで、スポーツを好きな子供達を増やしたり、部活を通じて、子供の成長を支えられるような教員になりたいです。

― 未来のチームメイトに一言

香山
練習もハードで、きついと思うし、考え方や立ち振る舞い、いろんなところで高い水準が求められるチームだと思います。中途半端な気持ちで入部すると、挫折を味わうかもしれません。ただ、毎日このチームで学び続けようという覚悟や姿勢があれば、4年間ですごい成長が得られる場所です。
是非4年後の自分に期待して入ってきてくれたらいいなと思います。
密林
これから受験勉強もあり、辛い時間を過ごすこともすごくあると思います。ただ、それを乗り越えて、入学して、筑波大学バドミントン部に入る価値は大いにあります。辛抱強く頑張ってください!
筑波大学バドミントン部

Q&A皆さんからのご質問にお答えします!

入部する際にセレクションはありますか?初心者でも入部可能でしょうか?(高校2年生、高校3年生)
セレクションはありません。初心者でも入部可能です。
どんな競技レベルでも平等に練習する機会と環境はありますか?上手くないとなかなかコートに入れないということはないでしょうか?(高校2年生)
時期によってはコート数が足りない場合にレギュラーが優先的にコートを使うこともありますが、基本的には全員コートを使って練習できます。
平日、休日の練習時間はどれくらいでしょうか?また遠征の頻度はどのくらいですか?(高校2年生)
練習時間は以下の通りです。
月曜日 オフ
火曜日 17:00-21:00
水曜日 17:00-21:00
木曜日 19:00-21:00
金曜日 17:00-19:00
土曜日 9:00-12:00,14:00-17:00
日曜日 9:00-12:00,14:00-17:00
※土日の練習時間は週によって異なります。また、長期休み期間も練習時間が異なります。

また、大学の主な大会として4〜5月に春季リーグ戦、8〜9月に東日本選手権、9月に秋季リーグ戦、10月にインカレがあり、その他にも6月に関東学生バドミントン選手権大会、8月に関東甲信越体育大会があります。さらに、5月にあるランキングサーキット、11〜12月にある全日本総合バドミントン選手権大会などにも出場しています。(記載している開催時期は昨年のものです)

過去の記事Archive