筑波大学オープンキャンパス

筑波大学オープンキャンパス

筑波には未来がある

部紹介Introduction

スローガン奮輝

部員数
21~40人
所属学群
体育専門学群, 人間学群, 情報学群, 医学群
練習場所
屋外ハンドボールコート
主な成績
  • 2021秋季関東学生リーグ戦 第3位
  • 2021全日本インカレ ベスト16
  • 2022春季関東学生リーグ戦 第3位

メンバーインタビューMember interview

  • 酒井 優貴子(体育4年/主将)
  • 長瀬 亜矢子(体育2年)

― 私が目指す「ハンドボール」

酒井
チームビジョンに掲げている「全員が愛にあふれ熱く輝く」ここに全員が向かっていけるようなアプローチを日々考えて、まずは自分が一番熱くなれるようにしています。
また自分は推薦入学なので、自分が得てきた経験を後輩に伝えて、チームの底上げを意識しています。
長瀬
個人として、チームビジョン「全員が愛にあふれ熱く輝く」に向かって、チームメイトとしっかりコミュニケーションを取り、チームを盛り上げる人になりたいです。ビジョンのお陰で、結果的に私だけでなく、チームメイト同士のコミュニケーションが増えました。今のチームは全員がビジョンに向かって行けていると思います。
また、私は一般入学なので、推薦の学生に比べたらハンドボールの知識・経験が少ないですが、自分よりも経験が豊富な後輩や先輩、同期からハンドボールを学びたいと思っています。
筑波大学女子ハンドボール部

― 筑波大学をどう思っていた?

酒井
私は高校2年まで筑波大学について詳しく知りませんでした。進路を考え始めた時に、恩師が筑波大学出身と聞き、練習の見学に行くことを勧められて見に行きました。その時の印象として、学生一人ひとりが、主体的に取り組み声を出し合っていたので、私もここでハンドボールがしたいと思い、筑波大学を目指すようになりました。
長瀬
学生が主体となってトップレベルで取り組んでいる印象でした。
高校の恩師が筑波大学出身で、2つ上の先輩が筑波大学に進学していました。私が高校生の時に、先生や先輩に、筑波大学について聞いたところ、短い時間で質が高い練習を行い、それを学生が自主的に取り組んでいると聞きました。またインカレ準優勝という結果も出していたので、国立大学で競技もトップレベルの筑波大学に進学したい、と思ってました。

― 今のチームで学んだこと、チームの好きなところ

酒井
みんな人生楽しそうで、学年問わず伸び伸びとハンドボールができているこの環境が好きです。
学んだことは、全員が自立しているので、主将だけが頑張るのではなく、全員が頑張っているので、大変な時に助けてもらったりして、良好な人間関係の素晴らしさを身を持って体験できたことです。
長瀬
チームの好きなところは、全員が和気藹々としていて、ハンドボールを楽しんでいるところです。
学んだことは、学年関係なく、チームをより良くしようとするためには、発言だったりコミュニケーションが必要だと思います。私はまだ未熟ですが、そういったことを自然とできるようになったことが学んだことです。
筑波大学女子ハンドボール部

― リーダー研修を受けて

酒井
人生は考え方で決まると学びました。人はそれぞれ考え方が違うので、それを無理矢理変える事はできません。ですが、自分が変わって、相手に変わろうと思ってもらえるようなアプローチをリーダー研修を通して学んだので、チームに持ち帰って、頻繁にコミュニケーションを取る機会が増えました。
また、組織は1つの目的に向かっていかないと方向性がバラバラになってしまうので、定期的にチームで再確認する時間を取るようになりました。

― これからの目標(直近の目標、人生の目標)

酒井
チームの目標としては、日本一を目指しています。
個人としては、大学を卒業してもハンドボールをまだ続けたいので、プレイヤーとして活躍し、その後はハンドボールが大好きと思ってもらえるような指導をしたいです。
長瀬
卒業後は、具体的なことはまだ決めていませんが、女子ハンドボール部で学んだ主体性を生かせるような仕事をしたいと思っています。
筑波大学女子ハンドボール部

― 未来のチームメイトに一言

酒井
筑波大学は広い分野が学べるところで、自分が求めれば専門的な人が多くいるので、なんでも学べる環境だと思います。ハンドボール部に入ったら熱い仲間たちと最高な経験ができる4年間になるので、ぜひ来てほしいです。
長瀬
筑波大学は競技も勉強も、トップレベルで学べる環境だと思います。ハンドボールを高校より充実させたかったり、色々なことを学びたいと思ってる方は、ぜひ入学して、一緒にハンドボールをしましょう!
筑波大学女子ハンドボール部

過去の記事Archive