TSAからのお知らせ

学生2名が「UNIVAS AWARDS 2020-21」優秀賞を受賞!

掲載

一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)が実施している『UNIVAS AWARDS 2020-21』において、本学の学生2名が優秀賞を受賞しました。
この賞は、競技成績のみならず、学業充実や安全安心、大学スポーツの盛り上げ等において著しい成果をあげた学生アスリートやスポーツに関わる学生、OB・OG、指導者、団体が様々な分野で選出されています。

詳細は以下をご覧ください。
『UNIVAS AWARDS 2020-21』優秀賞/入賞発表のお知らせ(UNIVASサイト)

本学から選出された2名をご紹介します。

パラアスリート・オブ・ザ・イヤー 

表彰内容:パラスポーツにおいて活躍した学生を表彰する。

<優秀賞> 瀬立 モニカ(体育専門学群4年)

・2019年8月パラカヌー世界選手権で5位入賞し、東京2020パラリンピックのカヌーKL1の代表内定
・リオデジャネイロ2016パラリンピック(8位入賞)に続き、2大会連続の出場権獲得

 

サポーティングスタッフ・オブ・ザ・イヤー 

表彰内容:学生アスリートや運動部を支える活躍をした学生を表彰する。

<優秀賞> 谷野 文史(生物資源学類4年)※2021年3月卒業

・筑波大学体育会オリエンテーリング部所属
・学生主体である日本学生オリエンテーリング連盟において、トップとなる連盟幹事長を務める