筑波大学オープンキャンパス2021

筑波大学オープンキャンパス2021

筑波には未来がある

部紹介Introduction

部員数
20人以下
所属学群
体育専門学群, 社会・国際学群, 人間学群, 理工学群, 医学群, その他(大学院など)
練習場所
中央体育館1F・体操場
主な成績
  • Gym for Life Challenge2017 シルバーメダル
  • 世界体操祭2019出場
  • 第15回全日本学生ラート選手権 団体優勝

チーム紹介動画Promotion video

メンバーインタビューMember interview

筑波大学体操部
  • 森本朝子(障害科学3年/主務)
  • 黒澤瑶季(体育1年)

― 私が目指す「体操」

森本
私たちが楽しいのもそうですし、私たちが楽しんでやっている姿を見て、楽しんでいただけたらと思っています。また、体操の特徴として競技性がない所があるので、誰かと競うのではなく、自分の動きを高めたり、仲間と動く喜びを味わって楽しんでいける場を目指しています。
黒澤
体操は自分の体を使って動くことです。日々の練習の中で、自分の動かし方が変わっていくのを感じたり、仲間と楽しんで自由な発想を活動の中で生み出していくことが魅力だと思います。
筑波大学体操部

― 筑波大学をどう思っていた?

森本
すごい色んな学部がいっぱいあるので、色んな人が多くいる大学だと思ってました。
黒澤
私は体育系の大学に行きたいと思っていました。国立で体育を専門にできる大学が少なかったので体育専門がある筑波大学がいいなと思っていました。でも、レベルが高いなというイメージでした。

― 今のチームで学んだこと、チームの好きなところ

森本
学部や学年もそうですし、今までずっとやってた競技や運動の経歴、バックボーンも様々な人がいるので、色んな刺激がある所です。また、後輩だから、先輩だからというのではなく、後輩からも作品や部活に対する意見を言い合えるところが好きです。
黒澤
体育専門学群だけではなく、他の学部の人もいて、大学1年生から大学院生までいます。その中で、みんな仲が良いところが好きです。
筑波大学体操部

― これからの目標(直近の目標、人生の目標)

森本
私は今、部活を運営する代なので、この部活をもっと良いものにしていきたいです。また私は、特別支援学校について勉強しているので、将来は、特別支援学校の先生になれたらいいなと思っています。
黒澤
この部活に入って今はすごく楽しく活動しているので、もっと色々な体操のことを知ったり、自分が苦手なところを克服できるようにしたいです。また、将来の夢はスポーツトレーナーや整体師なので、体の仕組みや体操の活動を通して、色々な知識を高めていけたらいいなと思います。
筑波大学体操部

― 未来のチームメイトに一言

森本
一緒に体操が出来ることを楽しみにしています!待ってます!
黒澤
色んな事をしてた人達が大学から新しく体操を始めても楽しめるスポーツなので、たくさんの人に入ってもらいたいです。学年問わず仲良く活動してるのでぜひ来てください!
筑波大学体操部

過去の記事Archive