筑波大学オープンキャンパス2021

筑波大学オープンキャンパス2021

筑波には未来がある

部紹介Introduction

部員数
21~40人
所属学群
体育専門学群, 社会・国際学群, 人間学群, 理工学群, 情報学群, 医学群
練習場所
ハンドボール場
主な成績
  • 令和元年度全日本学生ハンドボール選手権 優勝
  • 令和元年度春季関東学生ハンドボール1部リーグ

チーム紹介動画Promotion video

メンバーインタビューMember interview

  • 体育4年 友田匠海
  • 応理2年 原口智匡

― 私が目指す「ハンドボール」

友田
Vision「学生ハンドが目指すチーム」を達成するために、競技力だけでなく、チーム力を大切に思っています。推薦入学も一般入学も関係なく、思っていることを言えて、楽しくハンドボールができる。レベルの高い中で、楽しくできるハンドを目指しています。
原口
周りから「筑波って強い」って思われるハンドを目指しています。フィジカル、技術、スピード全てにおいて圧倒することができるハンドを目標にしています。
筑波大学男子ハンドボール部

― 筑波大学をどう思っていた?

友田
エリートばっかり、全国経験者ばかりのチームだと思っていました。筑波のハンド部に入りたいと思っていましたね。
実際に入部すると、一般学生も活躍できるチームでした。みんなが挑戦できる!というのが、今の印象です。また、筑波は、他の部の友達からの刺激も大きいです。
原口
入学前は、筑波はハンドボールが強い、そして研究施設がすごいことを知っていました。実際に入学しても、運動も勉強もどちらもすごいことを実感しています!

― 今のチームで学んだこと、チームの好きなところ

友田
一般での入学でしたが、その中でも自分が試合に出るために、努力を続けて、切磋琢磨したら、しっかりと活躍できる。挑戦の大切さを学びました。
チーム力、チームビルディングを始めて、チームの大切さ、強いチームのあり方について実感できた。これが好きなところでもあります。自分の意見を持ち、みんながひとつの目標に向かって頑張るところが好きです。
原口
甘い考えや甘い努力は、絶対に通用しないことを学びました。自分が思っている以上のことをやらないと通用しないことを筑波のハンド部で経験しました。
チームは、ハンドのことがすごく好きで、ハンドが楽しい。それがとても好きです。
筑波大学男子ハンドボール部

― これからの目標(直近の目標、人生の目標)

友田
ハンド部では、最終学年として、Visionを達成する。そのためにできることをしっかりと、今は広報局の担当として「筑波ハンドの強さ」をアピールしたいです。
将来は、ハンド部で得た「挑戦すること」「強いチームの大切さ」を活かしていきたいです。
原口
僕はハンド部でチームの戦力になって、戦える選手になることが目標です。
将来は、航空関係の仕事、空港が好きなのでそこで働きたいと思っています。

― 未来のチームメイトに一言

友田
筑波のハンド部は、レベルの高い中で、挑戦できる環境です。挑戦したい人は、ぜひ、頑張って挑戦してほしいです。
また、学生主体のチームなので、高校とは違い、運営からチームを動かすこと、新しいことに挑戦することできて、主体的にチームを強くできるという、実感が持てるところに楽しさがあります。ぜひ、筑波を強くしてください!
原口
筑波大学は、入学する前に思っていた「すごい大学」の通り、やはりすごいところでした。その目標を忘れずに、受験勉強して、一緒にハンドしましょう!
筑波大学男子ハンドボール部