筑波大学オープンキャンパス2021

筑波大学オープンキャンパス2021

筑波には未来がある

部紹介Introduction

部員数
21~40人
所属学群
体育専門学群, 社会・国際学群, 生命環境学群, 理工学群, 芸術専門学群
練習場所
筑波大学弓道場
主な成績
  • 2021 関東春季トーナメント男子優勝
  • 2021 全国大学弓道選抜大会女子優勝

チーム紹介動画Promotion Video

メンバーインタビューMember interview

筑波大学弓道部
  • 小坂麻嘉(体育3年/主将)
  • 木村翔(体育2年)

― 私が目指す「弓道」

小坂
弓道の伝統的な技術を学ぶだけではなく、人としても成長できるような弓道を目指して活動しています。
木村
伝統を学びつつ、競技としても競技力向上を目指してやっています。
筑波大学弓道部

― 筑波大学をどう思っていた?

小坂
スポーツの研究が長けており、また日本で数少ない弓道研究室が筑波大学にはあります。やはり、研究ができる大学というイメージがありました。
木村
研究が盛んな大学であるということを調べて知ってたので、自分が筑波大学に入ったらどういう研究をしたいのかっていうことを少しながら考えていました。

― 今のチームで学んだこと、チームの好きなところ

小坂
学年関係なしに仲が良いところです。仲が良くても、部活中はメリハリを持って、しっかり切り替えができています。 部活中はみんな真面目に取り組んでいますが、部活が終わった後には、よく話をしたり、一緒にご飯に行ったりと、上下関係なく、仲が良いなと感じる場面があります。すごく仲が良いという所が、自分が好きなところです。
木村
自分も学年関係なく仲がいいという点、また、一人一人の技術面が高く切磋琢磨できる良い環境だなと感じています。自分も成長できる良い場所に来れたのでとても充実しています。
筑波大学弓道部

― これからの目標(直近の目標、人生の目標)

小坂
チームとしての目標は日本一ですが、競技だけでなく人として集団としてすごく長けているチームを目指しています。競技だけではない人間性の高みも目指してるので、個人の力だけでなくチームが1つになった時に、どれだけ力を発揮できるか、というところをこれからの目標にしています。
木村
弓道の技術の向上はもちろんですけど、人として社会に出ても恥ずかしくない人になれるように、ここで成長していくという点も目標なので、そこも意識しています。

― 未来のチームメイトに一言

小坂
弓道は初心者でも上位を狙える競技です。経験者でも初心者でも、日本一を一緒に狙いたいと思っていますので、是非弓道部に入って下さい!
木村
色んな大学がある中、ここまで仲の良い充実した弓道部は数少ないと思います。是非、部活に来て頂いて、一緒に頑張っていけたらなと思います。
筑波大学弓道部

過去の記事Archive