筑波大学オープンキャンパス2021

筑波大学オープンキャンパス2021

筑波には未来がある

部紹介Introduction

部員数
41~60人
所属学群
体育専門学群, 人文・文化学群, 社会・国際学群, 人間学群, 生命環境学群,理工学群, 医学群
練習場所
筑波大学セキショウフィールド、春日グラウンド
主な成績
  • 2019関東学生ラクロスリーグ戦 2部Bブロック5位
  • (2020年度は開催なし)

チーム紹介動画Promotion video

メンバーインタビューMember interview

  • 早稲田拳(人間4年/主将)
  • 山田駿斗(体育4年)
  • 種村魁(体育2年/学年リーダー)

― 私が目指す「ラクロス」

早稲田
ラクロスという競技自体が、大学から始める人が多い。そのため、大学から始めても、日本一や日本代表を目指せる競技です。今、筑波は二部にいますが、まずは一部昇格を目指しています。これから新入生が入学した時には、筑波のラクロス部は日本一を目指せる環境になると思います。
そんな中で自分たちが取り組む姿勢として、これはラクロス界の特徴でもありますが、いろんな人と関わって、競技レベルを向上させていく様な積極性を大切にされています。個人的にも、積極的にいろんなところに学びに行く姿勢を大切にしています。
種村
ほとんどの選手が大学から始める競技なので、自分のこれからの努力次第で日本一や日本代表を狙える競技です。その中でも、筑波は施設が充実していて、また自主練も自由にできます。
そういった環境の中で、自分たちがどれだけ努力するか、自分たちの努力と充実した施設を活かして、ラクロスに没頭できるところが筑波のラクロスだと思います。
筑波大学男子ラクロス部

― 筑波大学をどう思っていた?

早稲田
筑波大学について入学前に、田舎で、ゆっくりした時間が流れる環境だと聞いていました。
実際に入学してみると、いろんな学群やいろんな先生がいて、また、地域に目を向けても、筑波大学が様々な企業と関わっていて、ここには、学べる場所がたくさんあるなという印象を持っています。
山田
中学生のころからスポーツ科学に興味があったので、筑波大学を選びました。その中でも、ラクロス部に入ったのは、大学から始める人がほとんどの競技ということで、そこに新鮮さを感じたからです。
種村
体育やスポーツのことを学びたいと考えたときに、環境が整っていて、また体育スポーツ分野では日本のトップということで、筑波を目指すことを決めました。
実際に入学すると、いろんな分野、文系理系だけでなく、体育や芸術、医学などのトップクラスの方がいて、そのような人たちと、部活を通じて関われるところが、すごくいい経験だなと感じています。

― 今のチームで学んだこと、チームの好きなところ

早稲田
チームでは、主体性が重要になります。それを成長して発揮できる環境があります。
また、チームとしての目標、どんなチームになりたいかという将来像について、自分たちが目指したいチームを自分たちで決めています。今シーズンであれば「つくば市、筑波大学の人に、ラクロスを通じて感動や勇気を与える」ということをVisionにしています。そのために、頑張っている最中です。
山田
ラクロスという競技の面白さ、学群学類関係なく熱くなれるところ、スポーツ経験を活かせる部分が多いところ。
種村
チームの運営を学生が全て行っています。運営面でみんなを引っ張るというところで学べる部分が大きいです。
また、みんなラクロスが好きで、ずっとラクロスのことを考えていて、みんなで高め会える環境が好きです。
筑波大学男子ラクロス部

― これからの目標(直近の目標、人生の目標)

早稲田
主将になった理由にもなりますが、もちろんチームで勝ちたいという気持ちを持っています。それと同時に、このチームで活動することで、全員が楽しくて有意義な時間を過ごせるようなチームを作りたいと思って、主将をやっています。いろんな人のことを考えて、どうやったらいいチームにできるか、それを学んでいくことを目標にしています。
将来は、企業で、チームでの経験を活かせればと思います。
山田
将来、チームが1部昇格できるようにサポートしたり、自分の持っている知識などを後輩に伝えていきたいです。
種村
関東リーグでは二部にいるので、まず一部昇格を目指しています。2年後には、一部のFinal 4、日本一を目指しています。

― 未来のチームメイトに一言

早稲田
本当に可能性が無限大なスポーツです。努力次第で自分がなりたいようになることができる場所です。これまでとは違う新しいことに挑戦しようとする、その気持ちがあれば、ぜひ一緒に頑張りましょう!よろしくお願いします。
山田
チームが強くなれるように、一人一人が自覚を持って切磋琢磨して活動していってください!
種村
私がラクロス部に入った理由は、体育専門学群に入学する学生の多くが、これまで経験してきたスポーツを続けます。私自身は、これまで野球をやってきましたが、いろんなスポーツをやってみたいという想いを持っていました。ラクロスという、大学から多くの人が始めるこのスポーツで、自分の力を試してみたい、日本一や日本代表を目指せる環境で、新たに活躍できる場所を得られればと思い入部しました。
体育専門学群に入学しても、これまでの競技だけでなく、新しい競技を始めて、一緒に日本代表や日本一を目指したいなと思います。
筑波大学男子ラクロス部

Q&A皆さんからのご質問にお答えします!

ラクロス部のスケジュールに合ったオススメのバイトはありますか?(高校3年生・受験生)
朝練(6:15~)が多いため、放課後から21-22時頃まで、または土日やオフの日に集中して半日から一日バイトをしている部員が多いです。
具体的な話をすると、飲食店などは深夜帯以外で働けるところであればなんでもできると思います。また、オフの日に集中して働きたい人には最近では倉庫作業なども人気です。