University of Tsukuba Baseball Team

理念と歴史について

21世紀を迎えて 
~筑波大学硬式野球部 理念~

アメリカで生まれた野球は明治初頭に日本へ紹介されてから 他の競技に類を見ない独自の普及発展をしてきた。 唯一国立大学で全国制覇を成し遂げた本野球部は、 勝利を目指し、野球本来のプレイする楽しさや文化としての野球の継承を追求するクラブとしての存在意義をもつことを宣言する。このために求められる人材は野球に対してたゆまぬ情熱と研究心を持ちつづけ、 変化を恐れない勇気をもった、創意工夫を実践できる人物である。 さらに、本野球部はそのような人材が野球を通じて仲間と協調しあいながら、自己責任を持ち、自己判断ができる自立した指導的人物を育成することを目指す。 そして、将来的にこれらの人材が日本や世界のリーダーとして社会に貢献していくことを理想とする。 以上の理念を掲げて具現化すべく、野球を実践していく所存である。

2001年4月11日

 


筑波大学硬式野球部の歴史

我々筑波大学硬式野球部は、明治29年(1896年)前身の高等師範学校ベースボール部に発足して以来、常に高みを目指し続けることを掲げてきました。そして現在も変わらず、野球に対してたゆまぬ情熱と探求心を持ち変化を恐れない勇気をもった、創意工夫を実践できる人物を求めます。またこのような人物が野球を通して仲間と協調し、自己責任を持ち、自己判断ができる自律した指導的人物の育成を目指し、未来の日本や世界のリーダーとして社会に貢献していくことを理想としています。 今日の多様性の時代を突き進んでいくために、そして組織が部員一丸となって活動していくための方向性を掲げるべく、2020新チームより「心を奮わせる存在」というビジョンを掲げました。


ビジョンの構築について

我々の組織は部員1人1人がもつ、部に所属する目的や価値観はもちろんのこと、これまでの競技力などのバックグラウンドも含め多様性にあふれています。そして野球をプレイするのみならず、広報活動や地域貢献活動などにも力を入れており、1人1人が様々な役割を担っています。そのため、部員各人が全ての活動に意義を感じられる指針(ビジョン)が必要になります。 これまで弊部は、日本一になることを最上位目標として定めて参りました。しかし組織内部では「なぜ日本一を目指すのか」といった問いが生まれていました。これは組織全体のモチベーションや部員の帰属意識に大きく関わる問題であり、組織規模に伴い活動も多様化が進んでいく中で、今が組織の在り方を問う変革の時であると認識しました。 そこで、「組織が進んでいく方向性=組織が目指す姿」を定めることになりました。 それが「心を奮わせる存在」というビジョンです。この言葉には、自分自身の心のみでなく、我々を応援してくださる多くの人の心を揺らし奮わせる存在になるという思いが込められています。この指針のもと、部員全員が強い意志をもった、より一層強固な組織を創り上げていきます。 今シーズンは「心を奮わせる存在」というビジョンのもと、「貫く」というスローガンを掲げました。野球をプレイすることのみならず、グラウンド外でも様々な取り組みが増えてきますが、全てにおいて想いや行動を「貫く」ことを重視し、新たな狼煙を上げたこの1年を駆け抜けます。今シーズンも筑波大学硬式野球部へのご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。  
目指す姿

『心を奮わせる存在』

日本一だけでは満足しない。もっともっと先へ!
合言葉

「貫け!」

何事も貫け、貫け、貫け!2021年は貫き通す1年にする!

TOP