University of Tsukuba Baseball Team

広報活動

筑波大学硬式野球部では、広報の活動にも力を入れています。2018年新チーム発足時に「広報・企画局」が設立され、現在も有志メンバーによる運営で活動しています。それ以前はマネージャーによる試合結果の配信などに留まっていました。広報局設立によってマネージャーだけでは発信しきれなかった内容も発信できるようになりました。1年目においてはTwitterでの発信頻度を上げ、試合結果のみならず、様々な企画を実施したうえで発信に繋げました。また、2019年の冬にはInstagramのアカウントを立ち上げ、Twitterと同一の内容だけでなく、Twitterにはあげられない長い動画を投稿するなど、各種SNSの特性に応じて使い分けるなど工夫をしています。

2020年秋から首都大学野球連盟リーグ戦のライブ配信をするようになり、学生が主体となって全国へ首都大学野球の魅力を発信していくことも行いました。スポーツブルと連携を取り配信を行い、2021年シーズンにおいては、本格的な配信が始まって1年目にもかかわらず、配信総再生回数は10万を超えるなど、多くの方々に配信を届けることができました。また、筑波大学硬式野球部のYouTubeチャンネルを開設し、SNS投稿よりもより深く選手のことを知ってもらうことのできる企画や、リーグ戦のハイライト、そして天王台リーグ配信など野球での熱い戦いの様子も発信してきました。そして、「Engate」というギフティングが可能なコンテンツの使用も開始し、企画やリーグ戦を通してファンの皆様と選手がつながることのできる新たな取り組みも始めました。

広報局の活動の幅が大幅に広がったことを受け、本年度から広報局は大きく形を変えました。SNS課、YouTube課、エンゲート課、ライブ配信課、部内企画課の5つに課を分け、ミーティングを重ね各課との連携を図り、活動状況を報告しあいながら活動するようになりました。広報部局としての形は変わったものの、「筑波大学硬式野球部の価値向上」という理念は変わっていません。新型コロナウイルスのウイルスの感染拡大を受け、外部の方々との関わりが減少しただけでなく、チーム内での関係性も希薄になってしまうようなことも多くなりました。チームスローガンである「一心」には一球に気持ちを込めるという意味だけでなく、部員の心を一つにし、一丸となって目標である「リーグ優勝」へと向かっていくという意味があります。広報局の活動を通して、外部への発信だけでなく、チーム内でのコミュニケーションを生み、交流のきっかけとなる。これが広報局としてこの上ない成果だと考えています。Aチーム、Bチーム、Cチーム、学生スタッフ、筑波大学硬式野球部に所属しているすべての部員の輝きを生むことのできる広報局へ、これからも歩み続けます。  

2022315日
2022年シーズン広報局長 洲嵜真人

TOP